資産形成と節税効果

マンション

所得税の節税効果がある

給与所得がある人は、その所得を元に所得税が計算されます。毎月の給与から源泉徴収されたり、年末調整で支払うことになります。源泉徴収されるためにあまり実感がないかもしれませんが、年間の税金を見ると結構な額になっていることもあります。節税対策として行えるのが投資用マンションの利用でしょう。マンションを購入すれば、建物の減価償却、住宅ローンの利息などを支払います。これらが経費になり、不動産収入自体が赤字になる場合があります。その赤字と給与所得を通算すると、所得税を減らすことが出来ます。投資用マンションを保有していれば、当初は節税効果が得られますが、ローンが終了すれば返済もなく賃料収入のみが得られます。年金としての役割も期待できます。

中古ワンルームが人気

不動産投資といいますと、かつては資産を持っていないとできないとされていました。今はサラリーマンでもできるようになっています。資産が全くない人でも、ローンを組んで支払いをすることで、建物を手に入れることが可能です。投資用マンションの中でも人気があるのが中古のワンルームマンションです。なぜ人気かですが、取得費用を抑えられるところでしょう。新築だから人気なわけではなく、いい立地の所であれば、それなりに入居してもらえます。ワンルームの投資用マンションは、空室率のリスクが低くなることもメリットになります。立地との関係もありますが、いい立地であれば、多少設備が古くても賃料調整をすれば入ってもらえます。安定した収入を得ることが可能です。